自分、それで満足か?

自分の趣味などについて(旅、本、アウトドア)

一人旅は「精神と時の部屋」のようなものと思っている

 

どうも!

 

精神と時の部屋?と思う方がいると思うので軽く説明します。

 

精神と時の部屋とは、マンガ「ドラゴンボール」に出てくる異空間。外界での1日がこの部屋では1年(365日)に相当するらしい。

 

つまり、修行するのに最高な環境!!

 

旅が与えてくれるのは、その環境だけ

 

ドラゴンボールで悟空が「精神と時の部屋」で修行するシーンがあります。

 

もし、悟空が「その部屋が与える影響によって強くなる」と思って行っていたら本当に強くなっていでしょうか?。(※精神と時の部屋は重力や空気の濃度が違ったりしていますけど、、、)

 

 

悟空はその部屋で「修行」したから強くなったのです。

 

つまり、その環境を最大限に利用して「自ら」努力し強くなったのです。

 

 

 

「当たり前でしょ」と思うかもしれません。

 

これを一人旅に置き換えて考えてみます!

 

 

 

悟空のように自分が「精神と時の部屋」(=国)へ行った時、ただ向こうからくるものに刺激を受けて「自分、成長したな」って思えるでしょうか?

 

本質的に成長しているとは、僕は思えません。

 

 

 

海外という環境を利用して、能動的に働きかけることで旅を終えた時に

「成長できたな」

 

そう思えると僕は思っています。

 

自ら与えた環境又は与えられた環境に満足するのではなく、その環境を最大限にこき使うことで自分が一番成長できると思っています。

 

 

 

そして僕にとって一人旅とは精神と時の部屋のように帰ってきたら自分が一皮も二皮もむけて帰ってこれる場所です。

 

 

旅のスタイルは人それぞれなので自分に合った旅の仕方をするのが一番ですね!

 

では、このへんで!