自分、それで満足か?

自分の趣味などについて(旅、本、アウトドア)

カンボジアの定番! アンコールワットにレンタルバイクでいってみた!

どうも!

 

カンボジアにやってきています!

 

そして、カンボジアの代名詞!

 

 

アンコールワット

 

にいってきました!

アンコールワットの入場料高すぎ・・・

 ~目次~

 

アンコールワットのアクセス方法

 アンコールワットにはトゥクトゥクでは行かずに自分でバイクをレンタルしていきました。

 

バイクの料金は、10ドルくらいが相場ですがパブストリートの近くに8ドルのところを発見!

 

レンタルバイクの場所

 

ピンのところは調剤薬局となっていますが、ここの角のところにレンタルバイクがあります。

 

借りるときには、パスポートまたは免許証がひつようになります。

 

 

トゥクトゥクでは、小回りコースと大回りコースに分かれます。

  • 小回りコース:15ドル
  • 大回りコース:25ドル

アンコールワットのチケット売り場

アンコールワットのチケット売り場はアンコールワットの遺跡群からすこし離れています。

 

そのため、間違ってアンコールワットまでいってしまうと5kmほども怒鳴らなければなりません。

なので間違えないように、チケット売り場を覚えておきましょう!

 

チケット売り場

 

ここの建物になります!

 

外観はこんな感じになっています。

 

ここの四角いところから入ればちけっと売り場になっています。

 

 

ここがチケット売り場になります。

アンコールワットのチケット料金

  • 1日:37ドル
  • 3日:62ドル
  • 7日:72ドル

となっています。

 

もし、1日だけで朝日と夕日を見たいなら1日トゥクトゥクをチャーターするか、レンタルバイクでいかなければなりません。

 

しかし、トゥクトゥクは高いため、レンタルバイクをするのがおすすめです!
僕がレンタルしたバイクは24時間で8ドルでした!


ガソリンは2リットルで2ドル。このくらいで十分です。もし、いろいろ回るなら3リットルくらい必要だとおもいます。

 

アンコールワット遺跡群

 服装

アンコールワットタンクトップやひざ上のズボンなどがだめになっています。

僕は何も気にせずタンクトップでいってしまったため、アンコールワットの近くで4ドルの服をかいました・・・

 

またストールなどの羽織るものもだめだといわれまいた。

 

そのため、Tシャツで行かなければなりません。気を付けてください!

 

アンコールワット

アンコールワットの場所

 

チケットを持っていれば市内からほぼ1本で行けることができます。
チケット売り場からも簡単な道なので10分くらいで到着!

 

トゥクトゥクなどがよく通っているのでわかるとおもいます。
途中でチケットの確認するとことがあるので、とめられたらチケットを見せれば大丈夫です!

 

入場時間

  • 5:30〜17:30

 といっても、サンセットなどを見る方が多いため時間にはルーズ
18:00近くまで中におれました!

 

サンライズ

 サンライズは5:30くらいからはじまります。
アンコールワットの横に太陽が来たのは6:00くらいでした。

いい場所をとるためには4:30くらいに出発する方が多いそうです。

 

僕はいろいろハプニングがあり5:10ごろにつきましたが、とてもいいところで写真がとれました!

 

 

逆さアンコールワットもしっかり写ってとてたので最高のサンライズでした!

アンコールワットの手前に二つの池があるのでそこから撮影しています。

人はこんな感じでたくさんいましたね。

 


アンコールワットをみて右のほうが人気がありました!
池にもあまり水草などもなく、アンコールワットの5本の塔がみれるからそうです!

アンコールトム

場所

 アンコールワットから5分ほどでいけます。

アンコールワットよりは小さいですが、大きな遺跡で見てみる価値はあります。

 

入場時間

  • 7:30〜17:30
 景色

 

 

 

 タプローム遺跡

 場所

 アンコールトムから東門からでて道なりに5分ほど走らせればつきます!

 

入場時間

  • 7:30〜17:30

 

景色

遺跡に木の根っこがへばりつくように生えており、木の生命力などが感じれるような場所でした!

 

 

 アンコールワットから帰るときの注意

 

アンコールワットから帰るときに、もしアンコールトムをとおって帰るときは注意してください!

 

アンコールワットからアンコールトムに行く時と同じ道でアンコールトムから帰ることはできないです!
アンコールワットからアンコールトムへの一方通行となっていますので、逆走しているともし警察がいればそこで3ドルの罰金がとられます。

 

僕は、知らなくて罰金とられました・・・
しかも、最初2万5千とか冗談でいっていたので、まじで死にそうになりました。

それで、6ドルといわれたのですが、僕の財布が6ドルくらいしかなく3ドルにしてくれました!


正直、曲がるところで交通整理してくれれば間違えるひとはいないのにわざわざおくで待機しているのでほんとに最悪でした・・・

 

警察はどこで検問しているかわかりませんので、標識などはしっかりとみていたほうがいいと思います!